Home > 2011年05月21日

2011年05月21日

Windows7を使ってみた感想

先月、CD1枚のエンコードに5時間かかった事を機に、PCを替えました。
正確にはマダ~ム用のPCを替えて、私はオサガリを使うのです。
費用的には得にはなりませんが、今回も自分好みのパーツを買ってきて組み立てましたよ。
たまにやるから、楽しかったです。

大事なデータを失うわけにはいかないですが、ハードディスクをまるごとコピーする
ソフトがあるのでモーマンタイとタカをくくっていました。ところが、今まで使っていた
XPから7への移行ではOSのアップグレードは出来ずにクリーンインストールになったことと、
いくつかのアプリケーションもバージョンアップする必要になって、CDなんかの著作権
絡みのデータの一部が移行できなかったですよ。手持ちのCDだから失ったわけでは無いですが、
再度入れるのが手間だなあと。結局1週間くらいかかりましたが、終わりました。

そんなこんなでWindows7を使ってみた感想といいますと、
・アイコンやらデスクトップがLinuxの某ディストリビューションソックリで、
慣れるまで違和感アリアリ。
・ファイル個々のオーナやらアクセス許可やら、よくできていると思います
ただし、自分データはXPの時の中身をコピーしたモノなので、所有者が
「不明なユーザ」のファイルが多くて見た目悪い。
・64bitネイティブのアプリケーションがまだまだ少ないので、
64bit版OSをインストールしても完全な恩恵を受けられない。
・32bitアプリケーションも今のところは問題無く動いている。
そのため、3.5Gbyteのメモリの呪縛から放たれただけでも64bit版で良かった。
一番大事なことですが、私のPCが速くなった!

今のところ、トッテモ満足してます。

20110521_
スポンサーサイト



Home > 2011年05月21日

Page Top