Home > 2012年02月04日

2012年02月04日

プーシンカも年をとってきたのかな?それとも薬の副作用?

  • 2012-02-04 (Sat)
今までは留守番中は我慢をして排泄をせず、人間が帰ってくるとこれ見よがしに排泄をしていたプーシンカです。
ところが、今週は留守番中にペットシーツに排泄をしています。また、交換すると今までどおりにすぐに排泄をするようになりました。自分ルールを変更したのかと思いましたが、たんまりとした跡があるので単に我慢ができないようです。年をとり始めたのかな?
こちらも我慢して欲しいとは思っていないので、気にはしていません。むしろ、プーシンカの老後に備えて、ウンコを含めて家の中で排泄することに抵抗をなくして欲しいくらいです。

が、ペットシーツは一度しか使わない主義のプーシンカなので、予備を準備する意味で今日はペットシーツを2枚用意して留守番させました。帰宅してみたら、1枚は使用済みでもう1枚も帰宅後すぐに使いました。作戦は成功です。

ただ、何かの病気の兆しだと嫌なので、カイカイの経過観察で病院に行くついでに相談してみようと思います。血液検査くらいはしたほうが良いのかな?

20120203_1

ネットで調べたところ、カイカイの治療で飲ませているプラデスミン配合錠の(人間での)副作用に、多飲多尿となる場合があるようなので関係しているかもしれません。そういえば、水の減りも多い気がする。
スポンサーサイト

Home > 2012年02月04日

Page Top