Home > > 繊細の反対側にいる

繊細の反対側にいる

  • 2018-06-08
夜中に雷雨に見舞われました。
ふうは、なんか鳴ってると伝えるように、ヒンヒン言いながら近づいて来ました。「雷がなってるね」と声をかけたら、理解したかのように、その場で寝始めましたよ。
先代のプーシンカさんは雷が大嫌いで、浴室に逃げ込んでプルプル震えていたものですが。なので、雷を気にしない犬を目の当たりにして、コレが話に聞く雷平気犬かと新しい体験ですよ。

プーシンカが繊細な犬だった事と比べると、ふうはその反対側にいるようです。
犬も色々だな。

夜散歩で、風を受けてくつろぐふうです。
20180611083411f67.jpeg
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Home > > 繊細の反対側にいる

Page Top